浮気調査、方法と種類について

浮気調査、方法と種類について - 浮気調査の失敗しない探偵選び

浮気調査の失敗しない探偵選び > 浮気調査、方法と種類について

浮気調査、方法と種類について

浮気素行調査の方法は3通りあります。
尾行、張り込み、聞き込みです。

尾行といってもいろいろありますが、ホテルの出入り口が複数ある場合や、トイレに行きたい場合などを考えると最低2人の探偵が必要になります。
張り込みですが、あらかじめ依頼者から「○曜日の○時からどこかに行っているようだ」などと具体的な事前情報を得て、待ち伏せをします。
その際、対象者に盗聴器やGPSなどをつけることは法律でアウトとなります。
聞き込みは対象者をよく知る第3者に情報収集を行います。
言葉で情報を得るのはもちろん、話す相手のしぐさも観察し、慎重に行わなければなりません。

浮気調査の種類としては、行動素行調査、証拠調査、浮気相手を特定調査があります。

行動素行調査は相手の行動パターンを把握するためにも、尾行・張り込み・聞き込みを繰り返します。
この調査を踏まえることによって、他の調査もするかしないか判断ができます。
浮気行為が間違いないとわかったとき、今後のためにも証拠調査をする必要があります。
今後、離婚や慰謝料請求を視野に入れておくならば、浮気しているという決定的証拠となる写真や映像データがあれば、依頼者にとって有利になります。

そして浮気相手にも慰謝料請求を考えているのならば、浮気相手の特定調査をします。
この場合、あらかじめわかっていると、探偵が稼働する時間も減って結果的に費用を安く抑えることができます。
しかしながら、最近はSNSの普及でつながった相手ということで、簡単にはわからないようになってきているそうです。
どの方法・種類にしても、事前情報があるのとないのでは違いますので、依頼する前に自分でも情報収集をする必要があります。

> 探偵を東京でお探しなら離婚探偵事務所

Copyright (C) 2016 浮気調査の失敗しない探偵選び All rights reserved.